新穀を得たことを神様に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」は、豊作を祈願した2月17日の「祈年祭」と相対関係にあるお祭りであり、全国の神社で行われています。宮中では、天皇が新穀を天照大御神を始め神々にお供えするとともに、御自らも召し上がります。

この日は現在「勤労感謝の日」という国民の祝日にもなっていますが、一説によるとその祝日名は、生命の糧を神さまからいただくために、勤労を尊び、感謝をしあうことに由来しているといわれています。