日本国の象徴であり日本国民の統合の象徴でもある天皇の誕生日のこの日、皇居では要人を招いての祝宴や茶会が開かれ、また国民の一般参賀も行われるなど、いろいろな祝賀行事が行われます。
当神社では天長祭(戦前は天皇誕生日を天長節といいました)を執り行い、聖寿の長久を祈願します。